カラミざかり第12話無料ネタバレありの感想レビュー

今回のブログ記事は、桂あいり先生の作品「カラミざかり」第12話無料ネタバレの記事です。

 

フルカラーで漫画を楽しみたい方は

↓公式サイトで↓

「カラミざかり」第12話のネタバレあらすじ

「カラミざかり」第12話「3人で手つないで行かない?の無料ネタバレあらすじを書いていきます。



カラミざかり第11話からの続き

夏祭りの出来事以来、4人は少しずつ疎遠になっていった。

 

そんな中、リホとチノは、前と変わらず仲良くやっていて、タピオカドリンク店の行列に並んでいる最中に、タカシとかから連絡来てる?ってリホに尋ねてみるが、お互い特に連絡とかは来てない様子だった。

 

タピオカドリンクを購入して、チノとリホは、街をウロウロ歩きながら雑談をする。

 

こっちからも特に連絡してないし、そんなものかなって話が終わる。そして、海行くことが出来なかったねって話す。そういえば、そんなこともあったね。もう、来年かなって話をしてるところ、クラスメイトの野村さんを発見して、声をかけてみる。

 

野村「あれ、新山と飯田じゃん」

チノ「やほー」

野村「仲良いねあんたら、買い物?」

チノ「うん、ブラブラしてた」

野村「てか、二人ともなんか雰囲気変わったね」

野村「何て言うか垢抜けたって言うか」

チノ「そうかな?」

チノ「野村さんは何してるの?」

野村「私は、待ち合わせ」

野村「あ、そーだ、あんたらひま?」

チノ「え?なんで?」

野村「ののかが来るはずだったんだけど、体調崩してドタキャンして」

チノ「ののかって、武田さん?」

野村「そー」

野村「アタシの彼氏とその友達の4人で、心霊スポット行く話していて」

野村「でも、私そう言うの苦手で」

野村「なのに、女一人はありえないじゃん」

野村「だから、あんたら来てくれたら助かるんだけど用事ある?」

チノ「何も、ないけど」

野村「じゃあ、お願い!」

リホ「怖いのは、私も、、」

すると、近くに車が来て野村に声を掛けられる、心霊スポットに行く友達のようだったがののかちゃんが来れなくなったことを伝えて、同じクラスの子だけど一緒にいいよね?って野村は言う。

 

二人は、全然いいよって答える。チノは、その一人の男性が少し気になったのか行こうかなと思いリホに行かない?って誘ってみる。リホは、チノが行くならって言うことで返事をする。

 

そして、チノとリホと野村は、車に乗り込んで、5人で移動することになった。

 

車が着いたのは、夜になってからだった。着いたところは、廃村で現在誰も住まなくなっている村だった。幽霊が出るって野村の彼氏がちょっと脅しながらも、村を徘徊する5人

 

野村と彼氏が少しイチャイチャしながら、歩いているところをチノはちょっとドキッとした感じで見てしまう。そして、いきなり急な物音がなったためチノはリホを挟み込む感じで、野村の彼氏の友人に抱きついてしまう。

 

そんな様子を見ていて、実は自分も少し怖いから、3人で手をつないで行かない?って提案する。

 

そして、男はチノのお尻を触ったりしながら、そのまま奥の方まで進む。触られたチノも満更ではない様子だったんで、胸を触られたりもする。

 

そんなところをリホは、見てしまう。

 

奥の方まで歩いて家が見つかったので、中に入るようにリホを押し込むと後ろから胸とま●こを触りだして、キスをする。

 

いい雰囲気になってきたところで、大きな叫び声が認め、途中でやめてしまう。その声の主は、野村と野村彼氏だった。

 

とにかく、外に出ようと言うことで、5人は一旦家の外に出ることに。

 

その後は、車で帰ることになった。

車で帰る途中で第12話は終わり

 

第13話最終話に続く

カラミざかり第12話の感想

第12話では、クラスメイトの野村さんに出会って誘われた心霊スポットにホイホイと着いていく飯田と新山でした。

 

野村の彼氏は、ともかくですが、その友人は、いきなり初対面の女の子に手を出すって、展開早すぎでしょうwってところですね。

 

しかも、リホもチノも無抵抗で誰でも良いのかっていう感じです。

 

邪魔が入らなかったら、どうなってたかっていうところですね。

 

第12話、車の帰宅中で終わっているため、第13話は、これからめちゃくちゃセックスするんだろうなっていう感じです。

 

カラミざかりは、次の話で最終回なのですが、最終回も無料ネタバレ書いて行きますよ!

 

続きをちゃんと読みたい方は、公式サイトなら、無料試し読みもありますので、下記バナーから登録してくださいね!

 

今なら、初月無料キャンペーン中でお得に漫画を読むことが出来ます。

↓公式サイトで読んでみる!


↑無料試し読みあります

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました