カラミざかり第5話無料ネタバレありの感想レビュー

この記事は、桂あいり先生の作品「カラミざかり」第5話無料ネタバレの記事になります。

「カラミざかり」のイラスト画像が気になったため、一気に読んでみましたのでネタバレありで見どころの内容を紹介していきます。

 

「カラミざかり」は、ストーリーになってますので、過去のネタバレから先に読みたい方は、下記のネタバレから読んでください!

→1話ネタバレ

→2話ネタバレ

→3話ネタバレ

→4話ネタバレ

「カラミざかり」第5話のネタバレあらすじ

「カラミざかり」第5話「いっぱい、出たね」の無料ネタバレあらすじ

第4話からの続き

コウセイがチノとキスをしながら、コウセイはチノのおっぱいをゆっくり触って感触を味わっていると、チノはコウセイの大事なイチモツをズボンの上からゆっくりと触り始める。

 

すると、チノはコウセイの首元を舌を使ってレロレロと舐めまわしながら、コウセイのズボンのチャックをカチャカチャと開けようとする。

 

コウセイは、後ろの声の喘ぎ声が少し気になったので、タカシとリホの様子を後ろを向いて確認してみる。

 

タカシは、リホにクンニをしていた。リホは、手を顔の前に持っていって恥ずかしそうにしているが、反応はまんざらでもない様子。

 

そんなところをコウセイは、驚きながらもマジマジと見つめてしまった。そんな後ろに気を取られていると、チノがコウセイのち●ぽをレロっっと舌でしゃぶり出す。

 

コウセイは、チノが自分のち●こをレロレロとしゃぶっているところを見て、エロいと思って見てしまう。

コウセイ「新山が俺のち●こを、フェラ、、」

チノは、上目遣いでこう聞いてくる

チノ「気持ちいい?」

コウセイ「あ、う、うん」

チノ「良かった」

そういいながら、ふ●らを続けていく。

リホ「あ、いた」

タカシ「力抜いて、飯田」

リホ「あ、い」

タカシは、リホにち●こを挿れようとしているところだった。

タカシ「大丈夫ゆっくりするから」

タカシは、それはダメだろ、タカシとリホがセ●クスって、と思いつつ、何も言えないのであった。

タカシ「あ、飯田のキツイ」

タカシ「ちょっと、ち●こ押し込む」

すると、ゆっくりとち●こがリホのま●こに入っていく

タカシ「入った」

その様子をコウセイは、ビックリして見ている。

タカシ「ゆっくり動くから」

タカシ「あー飯田のま●こ新山のと全然感覚違う」

そんな様子を見ていて、チノが言う

チノ「なんだよ」

チノ「あたしのが気持ちよくないっての」

コウセイ「そうじゃねーよ」

コウセイ「2人とも気持ちいーけど、感じが違うんだよ」

チノ「ならいーけど」

そんなことを2人がやり取りしつつも、タカシとリホはセ●クスを続ける。

チノ「てか山岸、さっきよりギンギンなんだけど」

チノ「ね」

チノが声を掛けるが、コウセイは、タカシの方を見てるのか、チノの顔を見ていない。

チノ「、、、、」

後ろを見ているとタカシとチノの激しいセ●クスをしている様子が見れる。揺れるベッドがギシギシと音がなっている。

タカシ「ちょっと早くするかな」

すると、さらに激しくピストンし出す。

 

コウセイは、そんな2人が気になって、ずっと見ていたが、それが気に入らなかったのかチノは、コウセイのふ●らを激しくしてみることに

 

タカシとリホは、絶賛セ●クス中で、コウセイは、チノにふ●らしてもらっている状況。

タカシ「あーやべ」

タカシ「チョー気持ちいーー!!」

タカシ「てか、飯田のま●こ、すげー締め付け」

タカシ「ち●こ持ってかれそう」

タカシ「うあー、ま●こサイコー!」

タカシとリホは、激しくセ●クスしているので、コウセイはどうしてもそれが気になってしまう。そんな中チノは、ずっとコウセイのち●こをジュポジュポとフ●ラを続ける。

 

タカシ「あっ!いく」

タカシ「いく!」

そして、タカシは、リホで息果てるのであった。その瞬間コウセイもチノにフ●ラされているので、一緒に逝ってしまう。タカシとリホの逝った様子をコウセイは見ていて、ハッなって目を逸らしてしまう。

 

コウセイ「あ」

チノ「いっぱい出たね」

と、チノはコウセイに言う

 

「ただいま〜」

「タカシー、友達きてるのー?」

タカシ「ヤベッ、母ちゃんだ」

急なタカシの家族の帰宅により、みんな驚いた表情を見せる。

 

タカシの母ちゃん「あら、いらっしゃい」

やることやったので、そそくさとタカシの部屋から立ち去る時にタカシの母ちゃんに声を掛けられる。

タカシの母ちゃん「もう、帰っちゃうの?」

チノ「あ、はい、お邪魔しました」

3人は、タカシの家から帰ることにする。

 

チノ「あー、なんかうまく歩けない」

チノ「ね、リホ」

リホ「なんか、変な感じ」

コウセイ「じゃ俺ここで」

チノ「うん」

チノ「じゃ、また明日」

チノとリホとは、別れて別々の道で帰宅することに、そんな2人の後ろ姿をコウセイはただ見ているのであった。

 

第6話に続く

カラミざかり第5話の感想

カラミざかり第5話が終わって、一旦話のストーリーの区切りが着いたところでしょうか。

 

タカシは、お●ほ1回、チノとのセ●クス1回、リホとも1回と短時間で3回は元気過ぎですねw

 

一方のコウセイは、チノのふ●ら一回と言う感じでした。

 

コウセイは、受け身過ぎですね。タカシみたいに積極的なのが大事かもしれません。特にリホが気になってるなら、無言でいるんじゃなくて、ちゃんとアピールしないといけないと思いましたが、最近の大人しい感じの男の子って感じはするかもですね。

 

気になっているけど、自分で声を出してアピールすることが出来ない複雑なことが描かれているストーリーだと思いました。

 

一旦、少し話の区切りが着いた感じでしたが、今後の展開がどうなっていくのかって感じですね。はたして、コウセイはリホとセ●クス出来るでしょうか。

 

フルカラーの画像イラスト付きで、ちゃんと読みたい方は、公式サイトなら、無料試し読みもありますので、下記バナーから登録してください!

↓公式サイトで読んでみる!


↑無料試し読みあります

コメント

タイトルとURLをコピーしました